岡崎市の美容院AURUM 金田昭徳

岡崎市の美意識の高い大人の女性に人気の美容室AURUM(オーラム)のスタイリスト金田昭徳のブログ

ホームカラーで白髪染めをすると毛先が暗くなる理由

      2016/03/09

スポンサーリンク

こんにちは、オーラムの金田です。

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

 

白髪染めをホームカラーを使って、自宅でしてる方によくありがちな失敗例。

毛先が一番暗くなってて根元が明るい

何でこうなるか?っていう話です。

 

根元が1センチほど伸びてくると、染めたくなりますね。

その時、ホームカラーをするほとんどの人が、根元から毛先まで全体的にカラー剤を付けてしまいます。

この時点で前回染めた部分は、前回の分と今回の分で、2回薬剤が重なってる事になります。

前々回までさかのぼって考えれば、毛先は3回分の薬剤が付いてます。

白髪染めの薬剤の特徴として、色素が濃いという特徴があります。

色素が濃いから白髪が染まるんですね。

その色素が濃い薬剤が、毛先は2回、3回と重なってます。

色素の濃いカラーの薬剤が重なると、重なれば重なるほど暗くくすんだ色になっていきます。

一方、根元は初めて薬剤が付いた訳なんで、ある程度の透明感のある色が入ります。

これが、ホームカラー(白髪染め)で根元が明るく、毛先が暗くなる失敗の原因です。

 

では、毛先には薬剤がつかないように根元だけ塗れば良いのか?ってことですが、その通りです。

ただ、シャンプーの時に毛先が染まってしまう事がよくありますし、自宅でキッチリと根元だけを塗るのはかなり至難の技です。

家族に美容師さんでもいれば別ですが。

因みに美容院だと、根元用の薬剤と毛先用の薬剤がありますし、ぬる時間も考えて時間差で塗ったりします。

綺麗な髪色を保つには、出来れば美容院で染めて下さいね^_^

《LINE@で金田を友達追加》

友だち追加数

AURUM【オーラム】
岡崎市竜美中2-5-3
0564-84-5866
営業時間◆10:00〜20:00
定休日◆毎週月曜日、第1・3火曜日

スポンサーリンク

 - おしゃれに白髪をカバーしたい