サロンワーク日記

ほどほど世代?

こんにちは、オーラムの金田です。

仕事に対して、
昇進もほどほど
給料もほどほど

そんな価値観をもった世代をほどほど世代と呼ぶらしいです。

今日のとくダネでやってました。

今の20代前半辺りの世代がそれに当たるらしいです。

そうじゃないその世代の人も、勿論いると思いますが、テレビでインタビューを受けてたほどほど世代の人たちは、

「自分の時間が欲しいんです」

とか、

「そこそこ安定した生活が出来ればいいんです」

などと答えていました。

僕はそういう考えや価値観は好きじゃありません。

仕事を精一杯頑張っていても自分の時間は持てるし、そこそこ安定した生活はそこそこ頑張った位じゃ手に入らないと思ってます。

間違い無く言えるのは、美容師の仕事ではそういう考え方は通用しないと思います。

ほどほどに仕事をこなしてる美容師さんよりも、全力で仕事をしている美容師さんにお客様はカットして欲しいに決まってます。

僕がお客様なら絶対にそうです。

ある美容室で、新人のスタッフがオーナーに向かってこう言ったそうです。

「営業後の練習は残業手当は出ないんですか?」

美容師を目指す人間で、こんな事言う人が本当にいるんですね。

他の仕事やればいいのに・・・

考え方が古いと言われるかもしれませんが、美容師はやっぱり職人の世界だと思います。

12時に昼食を食べれる事は少ないです。

練習もしないと上手くなれません。

休みに講習に行く事もあります。

アシスタント時代は給料も安い。

それでも美容師になりたい人しかなれません。

美容師を続けている人には分かる事ですけど、今まで美容師をずっとやってきて、技術がこれで完璧という事は一度もなかったです。

常にもっと良いカットは出来ないかな。

もっとパーマを綺麗にかけるにはどうしたらいいかな。

美容師を続ける人はずっとそう思い続けると思います。

ほどほど世代的な考えでは出来ない仕事ですね。

そう言えば小倉さんもほどほど世代には怒ってましたよ。

「日本を駄目にする!」
って

小倉さんの価値観はよく分かるので、スッキリよりもとくダネを見てしまいます。

※アプリならより簡単にご予約が可能です

公式アプリをダウンロード

メールで予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

AURUM

営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜+不定休
※完全予約制

-サロンワーク日記

Copyright© 美容師 カナダアキノリ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.