サロンワーク日記

カットコームのこだわりは”粗め”

こんにちは、オーラムの金田です。

”カットコーム”って分かりますか?

そうです。

美容師がカットする時に使うあのクシの事です。

ただのクシだと思いますか?

髪がとかせれば良いと思いますか?

あれ、実は美容師さんによってかなりこだわりがあります。

長さ、目の粗さ、色など、、、

僕が使ってるのはこのタイプです。

これ、カットコームの中では結構目が粗い方のタイプです。

長さは普通ですかね。

目が粗いのを好むのには理由があります。

一つは、髪をとかす時にテンション(ひっぱり)をかけたくない。

濡れた状態でカットする時の事ですが、切った長さよりも、乾いた時は長さが短くなります。

その誤差を少しでも無くしたいので、粗いコームでテンションかけないように、とかしながらカットします。

もう一つの理由は、お客様が家で手ぐしでとかす事をかんがえると、粗いコームの方がその状態に近い。

美容師がお店で綺麗にブローをした状態を、お客様が100%再現できるとは思ってません。

目の粗いカットコームで綺麗にとかし過ぎてカットをすると、カットが整い過ぎて、硬い仕上がりのヘアスタイルになります。

なるべく自然な仕上がりを目指したいので、目の粗いカットコームを使います。

”切りたて感” を無くす為にも目の粗いカットコームが必需品なんですよ。

”切りたて感” については、こちらの記事を読んでみて下さい。

※アプリならより簡単にご予約が可能です

公式アプリをダウンロード

メールで予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

AURUM

営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜+不定休
※完全予約制

-サロンワーク日記

Copyright© 美容師 カナダアキノリ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.