サロンワーク日記

ショートヘアのバーム系スタイリング剤の使い方のコツ(ポイントはフェイスラインとヘムライン)

スタイリング剤にも流行があります。

最近のスタイリング剤の流行はバーム系でしょうね。


バーム系のスタイリング剤は、オイルがベースになっています。

仕上がりはどちらかと言えばしっとりとした質感ですが、単にしっとりとは違う、動きもあって、ウェットなようにも見えて、それでいてナチュラルな雰囲気。

そんな仕上がりが特徴です。

そして色んなブランドから、バーム系のスタイリング剤が発売されてますね。

オーラムでは、オッジィオットシリーズのボタニカルリッチバームを使っています。

(右がボタニカルリッチバームです)

ただ正直、使い方は少し上級者向けというか、間違った使い方をすると、風邪ひいて2、3日頭洗ってないようにも見えかねない、、、

ショートヘアの場合は特に。

そんな紙一重のスタイリング剤がバーム系です。

バームをショートヘアで上手く使うポイントは、フェイスラインとヘムラインです。

フェイスラインとは文字通り顔まわり。(前髪から耳辺りまでの顔を覆う生え際)

ヘムラインとは、耳から後ろの襟足までの生え際。

ショートヘアでバーム系のスタイリング剤をつける時は、このフェイスラインとヘムラインに気持ち多めにバームをつけます。

理由は、ショートヘアにとって、フェイスラインとヘムラインは、ヘアスタイルの印象(形)を決める大切なポイントだからです。

フェイスライン、ヘムラインを、長めに残すの短く切るのか?

軽くするのか?重めに残すのか?

長短をつけて、ラフに見せるのか?

綺麗になじませるのか?

色んな見せ方があって、それによってのショートヘアの女性像が決まります。

そんな大切な場所にバームを少ししっかりとつける事で、その印象をより強調できますし、適度に艶もだせます。

バーム系スタイリング剤での艶は、変にギラギラした物ではなく、とてもナチュラルな艶です。

そして、トップの方はどうしたらいいか?

トップはとにかくバームをつけすぎない事。

フェイスラインたヘムラインにつけた後に、手のひらに残ってるくらいで丁度良いんです。

トップにバームつけすぎてしまうと、流行の質感を通り過ぎて、風邪ひいて2、3日頭洗っていない人になってしまいますよ。

バーム系のスタイリング剤は、上手く使いこなすと今時の雰囲気を出せますし、とてもナチュラルな質感なので、凄くお勧めです。

因みにオッジィオットのボタニカルリッチバームは、手に残ったバームはそのままハンドクリームになりますよ。

バーム系のスタイリング剤だと、こちらも人気ですね。

 

簡単WEB予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-サロンワーク日記
-

© 2020 美容師 カナダ Powered by AFFINGER5