商品レビュー

レプロナイザーについてよくある質問

レプロナイザーについてお客様から良くある質問をまとめました。

 

レプロナイザーで髪のダメージが修復できるって本当?

メーカーの商品説明だと、レプロナイザーを使えば使うほど髪のコンディションが良くなると言ってますね。

それも新しいモデルになればなるほど、その効果が高いようなことも書いてあります。

僕は実際に自宅でも毎日レプロナイザーを使ってますし、仕事でもお客様の髪を毎日レプロナイザーを使ってます。

髪のダメージが修復できてるのか?と言われると、、、

正直それは分かりません。

じゃあなんでレプロナイザーを使うのか?

仕上がりが良いからです。

仕上がりが良いから仕事でもプラベートでも手放せ無いんですよね。

僕は今となっては髪のダメージ修復は期待してません。

でもそれを考慮してもドライヤーとしておすすめですよ。

 

レプロナイザーの風量1、2、3があるけどどう使い分けるの?

これはレプロナイザー3D Plus(新型)以降のモデルに限った内容です。

レプロナイザーは3D Plusも4D Plusも、風量が3段回あります。

こんなふうに、1.2.3とあります。

3が一番強いです。

これどう使い分けていいのか迷ってる方多いと思います。

実際に僕が営業中にどのように使い分けてるのか紹介します。

最初は風量3(強)で乾かす

いちばん風量の強い3を使って、根元をしっかりと乾かします。

強い風量で乾かすことで、髪の根元や頭皮をしっかりと乾かすことができます。

この時に冷風も時々当てると、より根元がふんわりと立ち上がります。

そして髪の毛全体が7割ほど乾くまでは、風量3を使います。

 

風量2(中)で形を整える

風量3で髪の毛全体が7割ほど乾いたら、次は風量を2に切り替えてヘアスタイルの形を整えます。

風量3だと風が強すぎてそのまま最後まで1で乾かすと、毛先が跳ねてしまったりすることもあるし、仕上がりに柔らかさがなくなります。(ベリーショートなら全部風量3でもいいかも)

最終的には風量2の冷風で仕上げると、よりツヤがでます。

レプロナイザーの温風と冷風を交互に使うことは、公式ページでもすすめてますね。

 

風量1(弱)はパーマスタイルの仕上げに便利

風量1はかなり弱い風です。

なので自然乾燥をしたいヘアスタイルに使います。

カナダ
パーマスタイルやくせ毛を生かした仕上げをする時に使いますね

パーマやくせ毛のウェーブをしっかり残したい場合は、まずは風量3で根元を乾かます。

その後ウェーブスタイルに適したスタイリング剤をつけて形を整えたら、風量1でバランスをみながら乾かします。

風量1は、ほぼ自然乾燥と同じ感じで使えます。

 

レプロナイザーとヘアビューザーの違いは?

レプロナイザーの昔の名前がヘアビューザーです。

なのでレプロナイザーとヘアビューザーは同じものですね。

メーカーが現在販売してる商品は全てレプロナイザーという名前になってますので、ヘアビューザーの名前はもう使われていません。

 

レプロナイザーは海外でも使える?

使えません。

ただ12月に発売予定のレプロナイザー7D Plusは使えるようになるようです。

こちらもCHECK

【ここまで違うとは】レプロナイザー7DPlusと4DPlusを比較したら7DPlusが最強だった!

  カナダ約8万円するドライヤー”レプロナイザー7DPlus”使いました。 はっきり言って最強です! この記事ではレプロナイザー7DPlusと一つ前のモデルであるレプロナイザー4DPlusを ...

続きを見る

 

レプロナイザーの中ではどのモデルがおすすめですか?

今現在購入できるレプロナイザーの中で僕が一番おすすめなモデルはレプロナイザー3D Plus(新型)です。

レプロナイザー3D Plusをおすすめする理由については、下記の記事で詳しく書いてあります。

【最強レプロナイザーは3D Plus!】徹底検証で比較 4D Plusよりも3D Plusがおすすめな理由

  カナダリュミエリーナ社から発売の大人気高級ドライヤー、レプロナイザー(以前はヘアビューザーでした)。 その中でも、現在の上位モデルの2つがレプロナイザー3D Plusとレプロナイザー4D ...

続きを見る

簡単WEB予約

金田へのご質問、メッセージはLINE公式アカウントでお願いします!

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-商品レビュー
-, , , , ,

© 2021 美容師カナダのblog Powered by AFFINGER5