サロンワーク日記 美容室が決まってない

【気をつけて欲しい美容室の3大メニュー】黒染め!ブリーチ!縮毛矯正!その理由とは

こんにちは、オーラムの金田です。

  • 黒染め
  • ブリーチ
  • 縮毛矯正

この3つのメニューは、美容室で気軽にやらない方がいい3大メニューです。(自分でやるのなんて問題外!)

誤解しないで欲しいんですが、悪いメニューという事ではありません。

もちろん、必要な場合はやった方が良い場合もありますし、これらの技術は使いようによっては素晴らしいものです。

ではこの黒染め、ブリーチ、縮毛矯正の3つのメニューは何が問題なのか・・・

それは、この3つのメニューは1度やってしまうと、すぐには髪を元の状態に戻せないメニューなんです

どういう事なのか、順番に説明しますね。

 

黒染め

正確には”黒染め”という薬剤があるわけではありません。

黒に近く染まる薬剤のことを黒染めって呼ぶ人がいるだけなんです。

日本人の黒髪は平均4レベルと言われてます。

黒染めと呼ばれるヘアカラーは、だいたい4レベルより暗いヘアカラーの事をそう呼ぶ事が多いです。

暗めのカラー剤で染めた後は、すぐに明るく戻したくても簡単には戻りません。(色素が濃いので)

どうしてもすぐに明るくしたい場合には、ブリーチなどを使って暗く染まった色素を取り除く方法がありますが、当然かなり傷みますし、ムラになる可能性も高いです。

一度染めてしまった黒染めが、完全に無くなるには半年以上はかかります。(ブリーチなどを使わずに自然に退色するのを待つ場合)

 

ブリーチ

黒染めを取り除く件でもご紹介したブリーチですが、ブリーチは通常のカラーの何倍も傷みます。(その分通常のカラー剤に比べると、劇的に明るくなりますし、黒染めを取り除くパワーがあるわけです)

ブリーチのダメージによって、パーマが上手くかからなくなったりする事もあります。(美容師さんによっては、ブリーチ毛の時点でパーマをお断りする人もいます)

一度ブリーチで脱色してしまった髪の毛は、もうベースが色素が無い上にダメージが進んでます。

ブリーチした後に、明るい髪に飽きて暗く染めたとしても、すぐに退色して明るくなってしまいます。(染める色にもよりますが、2週間もてば良い方・・・)

 

縮毛矯正

縮毛矯正は、高温のアイロンを使ってくせ毛を真っ直ぐにする技術です。

この時に使う薬剤は、かなり強めのものを使う事が多いです。

強い薬剤の力で髪の毛を軟化と言って、結合を切断した状態にします。

その後、高温のアイロンを使ってまっすぐにします。

この時、髪の毛の中のタンパク質が、本来の状態とは違った状態になっています。

そのことによって、パーマが上手くかからない事があります。(美容師さんによってはパーマをお断りします)

カラーもムラになりやすくなってしまいます。

縮毛矯正をずっとやり続ける人はまだ良いんですが、飽き性で色々やってみたい方などは注意が必要なんです。

 

まとめ

以上のような理由で、この3つの技術に関しては、その時の気分などで安易にやったら危険なんです。

特にブリーチや黒染めは、家でご自分でやってしまう方も少なく無いですが、絶対にやめた方がいいです。

1度傷んでしまった髪は、どれだけ良いトリートメントをしても、そう簡単には治りません。

例えば、初めて行った美容室で、

黒染めして下さい
はい、分かりました。
カナダ

こんなやりとりだけで、黒染め(又はブリーチor縮毛矯正)してしまう美容師さんは親切な美容師さんでは無いと思います。(利益一番な美容師さん)

メリット、デメリットをきちんと説明してくれる美容師さんに出会えると良いですね。

簡単WEB予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-サロンワーク日記, 美容室が決まってない
-

© 2020 美容師 カナダ Powered by AFFINGER5