髪型に悩んでる

大人女子の『脱ロングヘア』はズバリ何才?

大人女子

金田さん、大人の世代になればなるほど、ロングヘアの割合が減っていくイメージなんだけど…

実際、美容師さんとしてはロングヘアは何歳まで大丈夫だと思いますか?

確かにおっしゃる通り、20代などの若い世代と比べたら大人の世代はショートヘアの人が多いですよね。

ボクなりの考えをお話ししますね。

カナダ

 

この記事では、女性がロングヘアを卒業すべき年齢について解説していきます。

今現在ロングヘアだけど、短くするタイミングが分からない人は必見ですよ。

 

大人女子の『脱ロングヘア』はズバリ何才?

カナダ

では結論から言いましょう。

 

女性がロングヘアを卒業すべき年齢は、『50歳前後』。

これが美容師としての僕の意見です

 

具体的なお話をする前に1つ言っておきますが、これは一般論なので、もちろん例外もあるし当てはまらない方もいると言うことはご理解くださいね。

 

ボクは実際のサロンワークの中でも、40代後半から50代に向けて、少しづつショートヘアに移行することをオススメしています。

その理由は、大きく分けて2つあります。

 

  1. 髪質の変化
  2. 体型の変化

 

 

1,髪質の変化

多くの方が、40代後半くらいから明らかに髪の状態に変化が出てきます。

カナダ

現在46才であるボク自身、これを痛感していますね。

 

髪の変化としては次のような事がありますね。

  • 細くなる
  • ツヤが無くなる
  • ダメージを受けやすくなる

 

どうですか?

みなさんも実感していませんか?

簡単に言ってしまえば、『ボリュームが減ってパサつきがひどくなる』ということです。

 

考えてみてください。

大人の女性のロングヘアが、ボリュームぺったんこでパッサパサだったら魅力的ですか?

違いますよね。

 

言い方を変えましょう。

これらの悪くなった髪の条件を、スタイリング技術などでごまかし続けることができる人なら、何才まででもロングヘアでいられると思います。

 

 

 

2,体型の変化

カナダ

体型の変化も、ロングヘアが似合わなくなる事に影響します。

体型とロングヘア?

それは考えた事なかったです。

大人女子

 

実は『体型』と『ヘアスタイル』は大きく影響します。

 

ここ最近で、現代病とも言えるかなと感じているのが『ストレートネック』です。

ストレートネックがひどい方は、頭が前の方にいきがちで、前傾姿勢の状態が通常になっています。

 

前傾姿勢で頭が前に出て、アゴが突き出た状態を想像してみてください。

これって典型的ないわゆる『おばさん体型』です。

 

カナダ

その状態で、ロングヘアが似合うと思いますか?

 

丸くなった背中にロングヘアが乗っかって、ロングヘアの魅力である『エレガントさ』や『女性らしさ』とは程遠いものになりがちです。

 

逆に言えば、姿勢を保つことができていれば何才になってもロングヘアが似合います

 

全身の立ち姿を見た時に、クビレがある事は女性らしさの象徴です。

 

年齢とともに体型が崩れていくことは、ある程度は避けられません。

多くの場合、ロングヘアよりも肩より上の長さのヘアスタイルの方が、クビレを作るという意味でも大人の女性に向いていることが多いです。

 

 

『イタい人』にならないで

 

脱ロングヘアの件にかかわらずですが、大人女子がもっとも避けなければいけないキーワードは『イタい人』。

 

カナダ

みなさんどうですか?

『イタい人』なんて言われたくないですよね。

 

ここでは大人女子のみなさんがイタい人なんて言われないために、どうしたら良いのかを解説します。

ボクが思うポイントは2つです。

 

  • プロのアドバイスを素直に聞く
  • 流行は追いすぎず適度に

 

 

プロのアドバイスを素直に聞く

大人女子が1番陥ってはいけない状況はなんだと思いますか?

それは『頑固になる』こと。

 

カナダ

『自分を持つ』コトと『頑固』とは違います。

 

20代などの若い世代には『若さ』があります。

 

40代を過ぎた大人世代は、20代のような若さは失っていきますが、その代わりにその人なりの魅力が出てきます。

 

ある意味、周りの意見などに流されずに、『自分を持つ』ことが大切にもなってきます。

 

カナダ

ここで注意しないといけない事があります。

 

自分を持つ事に執着する事で、プロのアドバイスまでも頑なに拒んでしまう人がいるんです。

 

確かに自分のポリシーを持つことは重要です。

とはいえ、各分野のプロはあなたが気が付かないところを指摘してくれるかもしれません。

 

カナダ

柔軟になることも、大人女子には必要です。

 

 

流行は追いすぎず適度に

ファッションやヘアスタイルにおいて、流行を追えている事が魅力的に見えるのは30代前半までです。

 

それ移行の年代になってきたら、流行を追うコトだけに命をかけていたら、間違いなく『イタい人』になります。

 

ただ一方で、流行を全く無視をしてしまうのもコレもまた『イタい人』になる可能性があります。

 

大人女子

だったらどうすれば…

大切なのは『バランス』だと思いますよ。

カナダ

 

例えばキーワードとして『流行』と『自分らしさ』の2つがあります。

 

20代は『流行』80%、『自分らしさ』20%。

30代は『流行』60%、『自分らしさ』40%。

40代は『流行』40%、『自分らしさ』60%。

50代は『流行』30%、『自分らしさ』70%。

 

こんな感じで年齢を重ねるごとに、『流行』と『自分らしさ』の比重を変えていくのがオススメです。

 

『40代女子』避けるべきヘアスタイル3選とは?

続きを見る

 

まとめ

    • 女性がロングヘアを卒業すべき年齢は、『50歳前後』
    • 髪質や体型の変化を受け入れての対策が必要
    • 柔軟な考えで『流行』と『自分らしさ』のバランスを大切に

 

カナダ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

簡単WEB予約

金田へのご質問、メッセージはLINE公式アカウントでお願いします!

友だち追加

オススメ書籍

  • あなたは美容室で無意識にマナー違反しているかも…
  • 美容師の技術を最大限に受ける秘訣があった!
  • 目からウロコのマナーでわたし史上最高のキレイを手に入れる!

本を読んでみる

-髪型に悩んでる
-, , ,

© 2023 大人女子の髪の教科書 Powered by AFFINGER5