スタイリングで悩んでる 髪の傷みで悩んでる 髪の癖が気になる

【徹底比較!】レプロナイザー4D Plusと3D Plus(新型)で迷ったら3D Plusを選ぶのが正解な理由

  1. HOME >
  2. スタイリングで悩んでる >

【徹底比較!】レプロナイザー4D Plusと3D Plus(新型)で迷ったら3D Plusを選ぶのが正解な理由

カナダ
リュミエリーナ社から発売の大人気高級ドライヤー、レプロナイザー3D Plusとレプロナイザー4D Plus。

迷ったら3D plusを購入するのがおすすめです。

この記事では、仕事で毎日レプロナイザーを使ってる美容師の僕が、両者で迷ったら3D Plusを選んだ方が良い理由を分かりやすく説明します。

もちろんですが、両方とも実際に購入して徹底比較、検証しました。

レプロナイザーを購入予定の方は必見の記事です。

2020年8月現在、レプロナイザーを購入しようか検討中の方。

おそらく2つのモデルを比較して迷ってる方がほとんどでしょう。

”レプロナイザー3D  Plus”と”レプロナイザー 4D Plus”。

カナダ
すでにタイトルでも書いてますが、、、

今レプロナイザー を買うなら、レプロナイザー3D Plus(新型)を購入するのが正解です!(2020年9月現在)

 

普段からレプロナイザーを毎日いろんな髪質のお客様に使ってる美容師ならではの目線で、比較、検証した結果の結論です。

レプロナイザー3D Plus(新型)を選んだ方が良い理由をこれから説明します。

でも普通に説明しても面白くないので、”3D Plus VS 4D Plus”の試合方式で進めていきます。

各項目ごとに勝敗を決めて、最終的に勝ち数が多い方がおすすめのレプロナイザー ということになります。

カナダ
3Dくんと4Dくんも一緒に検証していきますね。
3Dくん
負けないよ!
4Dくん
こっちこそ負けないからね。

 

【第1試合】ホームページのカタログ記載スペック比較対決!

カナダ
とりあえずはカタログに記載されてるスペックの内容を比較してみましょう
4Dくん
僕の方が新しいんだから良いに決まってるでしょ。
3Dくん
新しいから良いとは限らないよね。
 レプロナイザー4D plusレプロナイザー3D plus
価格52,000円(税込57,200円)42,000円(税込46,200円)
消費電力1,200W (AC100V)1,200W (AC100V)
温風温度約98℃(周囲温度25℃の場合)約98℃(周囲温度25℃の場合)
サイズ高さ253.5×幅247×奥行72.1mm
(ノズルを除く)
高さ253.5×幅247×奥行75mm
(ノズルを除く)
質量約750g(ノズルを除く)約744g(ノズルを除く)
安全装置温度過昇防止装置(サーモスタット、温度ヒューズ)温度過昇防止装置
(サーモスタット・温度ヒューズ)
電源コード長2.6m2.6m
付属品ノズル1個、フィルター2枚ノズル(1個)・フィルター(2枚)

 

カナダ
違いがあるのは黄色のマーカーの部分だけですね。

違いがあるのは3つ。

  • 価格
  • サイズ(大きさ)
  • 質量(重さ)

サイズ、質量については正直言って大きな違いではありませんね。

実際に使ってみても、知らなければ同じと思うくらい。

価格については¥10000違いますから、この差は大きいと思います。

そしてカタログに記載してあるスペック内容だけだと、ドライヤーとしての仕上がりの違いなどは何も分かりませんね。(これは後で検証してます)

第1試合の判定結果

カタログ記載の違いがあるのは価格、サイズ、質量。

簡単に言うと、レプロナイザー3D Plusの方が安くて小さくて軽い。

そして仕上がりの差はカタログ記載の内容では分からない。

カナダ
第1試合はレプロナイザー 3D Plusの勝ち!

 

【第2試合】メーカー問い合わせ対決!

カナダ
カタログだけ見ても分からない情報もあるかもしれません。

実際にレプロナイザーを作ってるメーカーである、リュミエリーナに電話で問い合わせして勝敗を決めます。

4Dくん
最新機種の僕を推すに決まってるよ!
3Dくん
いやいや、実際は僕の方が売れてるんだよ!

 

ではさっそく電話してみましょう。

カナダ
レプロナイザー4D Plusとレプロナイザー3D Plusの、価格とデザイン以外の違いを簡単に分かりやすく教えて欲しいんですが、、、
はい、簡単に分かりやすくですね承知いたしました。

レプロナイザーの特徴である、バイオプログラミングの効果(髪のつや、手触り、髪の収まり)がレプロナイザー3D Plusよりもレプロナイザー4D Plusの方が優れています。

 

まあ予想通りのお答えでしたが、とても丁寧に答えてくれて好印象でしたね。

リュミエリーナさん、対応してくれてありがとうございました。

当然4D Plusの方が仕上がりが良いと言う返答でしたが、、、

うーん、、、僕としてはすっきりと納得できる内容ではありませんでした。

バイオプログラミングの効果の違いと言われても、数字の違いがあるわけでもなさそうなんですよね。

例えばスマートホンとかだったら、はっきりと数字の違いがありますよね。

カメラの画素数が違ったり、メモリーの容量が違ったり。

そういう違いはリュミエリーナさんの返答では聞けませんでした。

他にも色々バイオプログラミングのことや、水分量やら、なんだかんだ科学的な説明も話してくれましたが、正直僕それ聞いてもよく分かりませんでした。

 

第2試合の結果

メーカーの返答では、仕上がりは4D Plusの方が良いという答えでしたが、それを明確な数値で表してはいない。

結局、誰が聞いても納得できるような内容ではない。

カナダ
第2試合は引き分け!

 

【第3試合】ルックス対決!

カナダ
両者を並べて単純に見た目だけを比較してみましょう。
4Dくん
黒×ゴールドの重厚感が素敵な僕の勝ちだね!
3Dくん
ブルー×白の近未来感で僕の勝ち!

【レプロナイザー4D plus】

【レプロナイザー3D plus】

2つのレプロナイザーを比較してみると、微妙なパーツデザインの違いはありますが、ほぼ色違いって言っても大丈夫な感じですね。

4D Plusは黒とゴールドの配色のせいか、いかにも高級感ありますよね。

色のグラデーションも何となく高価な陶器みたいな印象です。

3D Plusは白がベースなので、シンプルで清潔感があります。

何となくアップル製品のような洗練された雰囲気があります。

 

箱も違いがあります。

なぜか大きさが全然違いますね。

レプロナイザー4D Plusの箱の方が少し大きくて、箱の作りも高級感あります。

まあただ、ルックスなんで、、、

こればっかりは好みが分かれますよね。

 

第3試合の結果

はっきり言ってルックスは好みの問題。

それに見た目ってドライヤーの性能としては直接関係がない。

以上のことから比較はできないので、勝敗はつけられません。

カナダ
第3試合は引き分け!

 

【第4試合】実際に使っての比較対決!

カナダ
お客様にモデルになってもらい2つのレプロナイザーを左右の髪で使い分けて比較してみましょう。
4Dくん
最新機種の実力を見せてやるよ!
3Dくん
僕もそこそこ新しいから負ける気がしないね!

モデルさんの情報

  • 髪質・・・普通よりも少し細め
  • くせ・・・ほぼ無いが直毛ではない
  • 履歴・・・パーマ無し  カラーは定期的に
  • ダメージ・・・普通(手ぐしを通した時に引っかかる)
  • その他1・・・実験当日はカットは無しでカラーのみ
  • その他2・・・モデルさんはレプロナイザー のことは知らないそうです

 

実験前に、モデルさんにはこのようにお願いしました。

カナダ
今から左右でそれぞれ違うドライヤーで乾かします。

三択で答えてください。

  1. 左の方が良い
  2. 右の方が良い
  3. 違いがよく分からない

ハンドドライだけの状態、ブラシを使ったブロー後の状態でそれぞれ感想を聞きました。

 

ハンドドライ(ブラシなど使わない)での仕上がり

向かって左がレプロナイザー4D  Plus、右がレプロナイザー3D Plus。

カナダ
触ってみてどうですか?
左の方が好きです。
カナダ
ちなみにどんな違いで左が好きですか?
全然違うわけじゃ無いけど、左の方が触った感じが気持ちいいです。

大前提に、手ぐしの段階で両方ともほぼまとまってたので、この時点でどちらのレプロナイザーもすごいです!

見た感じの違いは僕が見てもほぼありません。

ただ実際に手ぐしを通してみると確かにモデルさんが言うように、多少の違いがあるようにも感じますね。

でも言われなかったら分からないかも。

 

ブローでの仕上がり(ロールブラシ使用)

 

向かって左がレプロナイザー4D  Plus、右がレプロナイザー3D Plus。

カナダ
触ってみてどうですか?
左が良いです。
カナダ
左右を比較してどんな違いがありますか?
左はしっとり、右はサラサラって感じがします。 

写真でみると、わずかに左のレプロナイザー4D Plusの方がまとまりが良く、ボリュームダウンしてる感じはあります。

ただその気になって触らないと見過ごすくらいの差です。(人によっては違いを感じないかも)

カナダ
モデルさんご協力ありがとうございました。

 

第4試合の結果

言われたら何となくなくな差はあったものの、ハンドドライ、ブロー仕上げのどちらの時も、誰が触っても明らかに分かる違いは感じられなかった。

見ただけだと、ほぼ違いは無い。

カナダ
第4試合は引き分け!

 

結果発表!

カナダ
それでは4試合を行った結果を発表します。
ーーーーーーーーーーーーーー4D 3D
スペック比較対決×
メーカー問い合わせ対決
ルックス対決
実際に使っての比較対決
勝ち数01

 

比較検証の結果、勝ち数が多いのはレプロナイザー 3D Plus。

よって、今回のレプロナイザー 4D Plusとレプロナイザー3D Plusの対決は、3D Plusの勝ちです。

カナダ
4つの比較検証の結果から、購入するのに迷ったらレプロナイザー 3D Plusを買うのが正解ということが証明されました。

 

カナダ
熱い戦いを観せてくれた両者にも感想を聞きましょう
4Dくん
いやー悔しいですね、、、

仕上がりには勝てる自信があったんですが、そこを数値でアピールできなかったのが敗因かもしれませんね。

でも3Dくんに負けたなら悔いはありません。

3Dくん
勝てて本当に嬉しいです!

あの4Dくんに勝てたことは自分の自信になりますね。

カナダ
いい勝負でした。

勝敗はつきましたが、大前提にどちらのレプロナイザー もドライヤーとしての髪の仕上がりは抜群に良いです。

それでもコスパを考えるとどちらを購入するのが正解か?と聞かれると”レプロナイザー 3D Plusの購入がおすすめ”となります。

 

レプロナイザー 4D Plusを購入するのは意味のない事?

では約1万円を多く払って、レプロナイザー 4D Plusを買うことは全く意味がないことなんでしょうか?

カナダ
実は使う場面によっては4D Plusの良さが発揮できることがあります。

それはステータス性が役に立つ状況での使用です。

そもそも高級ドライヤーであるレプロナイザー シリーズ自体に、ある程度のステータス性はあります。

その中での最上位にあたる4D Plus(2020年9月時点)は、よりステータス性が高いと言うことになります。

より高い高級感が有利になる場面って、いくつかあるんです。

例えば高級志向を売りにしてるリゾートホテルの部屋にレプロナイザー 4D Plusが設置してあったらどうでしょう。

おそらく一気に満足感が上がりますよね。

実際に僕は営業中はレプロナイザー4D Plusを使ってますが、お客様に時々言われるんですよ。

「そのドライヤーって、高いやつですよね」とか「それ最新のレプロナイザー ですよね、雑誌で見たことあります」とか。

トヨタとレクサスの違いに近い感覚ですかね。

コストパフォーマンスだけではなく、とにかく高いステータス性が欲しい人は4D Plusを買ってください。

カナダ
ちなみにですが、リュミエリーナさんによると年末には”レプロナイザー7D Plus”というさらに高額な製品が発売になるそうで、すでに予約を受け付けてるそうです。

 

 

レプロナイザー3D  Plusは新型と旧型があって今回使用したのは新型

レプロナイザー3D  Plusには新型と旧型があります。

 

こちらが旧型のレプロナイザー3DPlus。

形が昔のヘアビューザーに近いです。

今回のこの記事でレプロナイザー4D Plusと比較してるのは新型のレプロナイザー3D Plusです。

旧型のレプロナイザー 3D Plusは、スイッチの部分が電子制御ではなく初期のモデルと同じスライド式です。

ご注意くださいね。

 

 

ヘアビューザーからレプロナイザー3D Plusか4DPlusへの買い換えなら違いは明らか

今回の記事では、レプロナイザー3D plusと4D plusを比較してます。

先ほども言いましたが、その性能の差はわずかです。

ただヘアビューザーと比較した場合の性能の差は明らかな違いがあります。

ちなみにこの記事を書くきっかけになったのは、僕が店で使ってたヘアビューザーが故障したことがきっかけでした。

修理ももちろん考えましたが、問い合わせたら場合によっては1万円以上の修理代がかかると言われたことで、レプロナイザー3D Plusに買い替えました。

その進化に驚きました。

特に風量はヘアビューザーと比べると、レプロナイザー3D Plusはかなり強くなってました。

カナダ
レプロナイザー 3D Plusがこんなに良いのなら4D Plusはどこまで進化してるんだ?

気がついたらレプロナイザー 4D Plusも購入してました。

もし僕と同じようにヘアビューザーが故障して修理かレプロナイザーへの買い換えで迷ってる人は、買い換えが絶対におすすめです。

違いに驚くはずです。(ヘアビューザーだって初めて使った時は驚きましたけどね)

 

ちなみにレプロナイザー2D Plusもまだ公式オンラインショップで購入できます

レプロナイザー3D Plusでも金額的に高すぎると考える人も多分いますよね。

でもいいドライヤーを使ってみたい、、、、、

カナダ
そんな人はレプロナイザー2D Plusを買ってみてはどうでしょう。

レプロナイザー2D Plusの価格は25000円なので、レプロナイザー3D Plusと比べても価格は抑えられます。(でも充分高いけど、、、)

レプロナイザー2D Plusの特徴を挙げると、

  • 風量が上位モデルに比べると弱い。
  • 風量の切り替えは2段回
  • スイッチが昔ながらのスライド式
  • バイオプログラミングの効果が上位モデルよりも劣る

当然ですが今回比較した2つのモデルよりは少し性能は落ちます。

それでも普通のドライヤーと比べたらかなり良いと思いますよ。

髪の状態や髪質によっては、レプロナイザー2D Plusの選択もありですよ。

 

 

 

レプロナイザーは必ず正規販売店で購入してください

レプロナイザー4D plusを買うにしてもレプロナイザー3D plusを買うにしても、アフターケアをしっかりと受けるためにはレプロナイザー正規取扱店か正規オンラインショップで購入してくださいね。

 

 

家庭でレプロナイザーを使うなら保証期間の延長は忘れずに

レプロナイザーのシリーズには、保証期間があります。

保証期間の故障は無料での修理が可能です。(故障内容によっては有料)

レプロナイザーの全ての商品は、美容室での業務用として使用をする場合もあるので、購入時の保証期間は6ヶ月になってます。

カナダ
ただ家庭での使用なら保証期間の延長が可能です。

インターネットか郵送での手続きで、家庭使用の場合は保証期間が1年6ヶ月に延長できます。

これは忘れずにやっておきたいですね。

 

 

まとめ

レプロナイザー3D plus、レプロナイザー4D plusで迷ったら3D Plusの購入が正解。

ステータス命なら4D Plusの購入もあり。

ヘアビューザーとの違いはどちらを選んでも歴然。

迷ってる人の参考になれば嬉しいです。

 

※アプリならより簡単にご予約が可能です

公式アプリをダウンロード

メールで予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-スタイリングで悩んでる, 髪の傷みで悩んでる, 髪の癖が気になる
-, ,

© 2020 美容師 カナダ Powered by AFFINGER5