おしゃれに白髪をカバーしたい

"白髪染め"がいつか死語になると思ってます

白髪に悩んでる人、特に白髪が出始めた頃に、皆さんがよく悩む事、、、

「"白髪染め"にしようか?"おしゃれ染め"にしようか?」

美容院でも初めて来たお客様が白髪のある人だったら、「白髪染めにしますか?おしゃれ染めにしますか?」って聞く美容師さんが多いと思います。

この白髪染めとおしゃれ染の仕分け、もうそろそろ必要無いのかな?と思うんです。

因みに、僕自身白髪めちゃめちゃ多いです。

僕の今の髪色です。

これも同じ今ですが、自然光が強めの場所で写真とりました。

自然光ではシルバーっぽく見えます。

また少し違う場所で。

最近のこの髪色、お客様にほめて頂く事が多いんですよ。

何が言いたいって、白髪が多いからこの色になってて、白髪染めを使っていないからこの色になっています。

僕の髪質だと、もし白髪がない状態で今みたいなアッシュ系にしようと思ったら、ブリーチ必須です。

要は僕がこの髪色にする事に関しては、白髪はプラスの要素です。

因みに今の髪色は、イルミナカラーのスターダストを単純に染めただけ。

白髪染めが悪いって事じゃありません。

白髪の多い僕が、黒っぽい色とか、ダーク系のブラウンなどにしたい時は、多分イルミナカラー使わないし、使ったとしてもイルミナシャドウをミックスして濃い色味にします。

場合によっては白髪染めの薬剤を使うかもしれません。

染める素材として、黒髪は黒い髪、白髪は白い髪、金髪は黄色っぽい髪。

当たり前なんですが、ただそれだけの事なんですよね。

他にも染める前の素材としての髪色は無限にあります。

なんか白髪だけ老化の象徴として特別視してしまってますよね。

白髪はどんな色にも染まるので、白髪多い人は本当は黒髪よりも選択肢が多いんですよ。

アジア人は基本黒髪なので、余計に白髪が目立ってしまい嫌なイメージがありますよね。

欧米人は、そもそも髪の色素が薄いので、白髪が出てきてもそんなに気にしていないんだと思います。

アジア人でも、結局ヘアカラーするなら同じ事ですよね。

とにかく白髪染めって言う言葉は、あまり良いイメージの言葉ではないので、使う機会が減って行くと良いななんて思いますね。

ヘアカラーにとって、令和はそんな時代になるかもしれません。

※アプリならより簡単にご予約が可能です

公式アプリをダウンロード

メールで予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

AURUM

営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜+不定休
※完全予約制

-おしゃれに白髪をカバーしたい

Copyright© 美容師 カナダアキノリ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.