スタイリングで悩んでる 商品レビュー

【ヘアビューロン7DPlus(カール)を美容師がレビュー】価格に見合う程の効果は実感できないので過剰な期待はしない方が良い

最新レプロナイザーレビュー【ここまで違うとは】レプロナイザー7DPlusと4DPlusを比較したら7DPlusが最強だった!

  カナダ約8万円するドライヤー”レプロナイザー7DPlus(ヘアビューザーの最新版)”使いました。 はっきり言って最強です! この記事ではレプロナイザー7DPlusと一つ前のモデルであるレ ...

続きを見る

 

 

 

【ヘアビューロン7Dplus(カール)の評価】

3

カナダ
僕の評価は星3つ。

仕上がりが良いか悪いかと言われればもちろん良い。

ですが価格¥71500(税込)から期待する使用感は無かった。

では買う価値は全く無しですか?
カナダ
ユニバーサルボルテージ機能(海外での使用に対応)が搭載されたのはこの7Dplusが初めてなので、日本以外の場所でヘアビューロンを使いたい人は7Dplusしか選択肢は無いですね。

それ以外の人は4Dplusで全く問題ないと思います。

 

先にヘアビューロン7Dplus(カール)の評価のまとめ

価格
仕上がり
持ちやすさ
デザイン
総合評価

 

メリット

  • 高級感がある
  • 仕上がりが良い
  • 持ちやすい
  • 黒ベースのデザインで汚れが目立たない
  • 海外で使用できる
  • 電源入れてからの立ち上がりが早い

デメリット

  • 価格が高すぎ
  • 最上位モデルにしては期待外れの仕上がり
  • メリットで挙げた多くはおそらく4Dplusでも同じ

 

カナダ
総合的に見てヘアビューロンの購入を検討中の人は、ヘアビューロン4Dplus(カール)で良さそうです。(海外で使用する人以外は)

 

 

 

ヘアビューロン7Dplus(カール)の評価の理由

カナダ
今回はヘアビューロン7Dplus(カール)のSサイズを購入しましたので、今後購入を検討中の方の参考になればとレビュー記事を書きました。

先ほど僕なりの結論を書きましたので、その評価に至った理由を詳しく説明します。

 

期待値が高すぎて使用感が追いつかなかった

今回のヘアビューロンの買い替え、旧ヘアビューロンから最新のヘアビューロン7Dplus(カール)への買い替えでした。

 

左がヘアビューロン7Dplus(カール)、右が旧型ヘアビューロン(カール)。(旧型の時はLサイズでしたが今回はSサイズを購入)

現在の公式サイトでのヘアビューロン(カール)のラインナップは、2D、3D、4D、7Dです。

僕が使ってた旧型ヘアビューロン(カール)は、現在の2Dplusの旧型という位置付けになると思います。

ヘアビューロン(カール)旧型、2D、3D、4D、7Dと考えると、4つレベルアップしたヘアビューロン(カール)を購入したことになります。

価格で比べても、旧型ヘアビューロン(カール)は確か¥25000(税抜き)でした。

今回購入したヘアビューロン7Dplus(カール)の価格は、¥65000(税抜き)です。

価格は倍以上!

 

カナダ
こんなん期待しませんか!?

どれだけ違うんだろうって。

 

でも残念ですが、そこまでの期待値には応えてくれませんでした。

でも間違いなく旧型ヘアビューロン(カール)よりは髪のツヤ、手触り、カールの弾力感は良いです。(そこは違いがないと困りますが)

 

普通に使うならヘアビューロン4Dplus(カール)がおすすめ

カナダ
冒頭でも言いましたが、現在のヘアビューロンのラインナップの中ならヘアビューロン4Dplusカールがおすすめです。

ヘアビューロン4Dplus(カール)がおすすめな理由はデザインによる使いやすさです。

現在のヘアビューロン(カール)のラインナップは4つあります。

色についてですが4つのうち、2Dplus(カール)と3Dplus(カール)は白ベースのデザイン。

4Dplus(カール)と7Dplus(カール)は黒ベースのデザインです。

白ベースのデザインのヘアビューロン2Dplus(カール)と3Dplus(カール)は毎日使ってると黄ばみが出てきますが、黒ベースのデザインのヘアビューロン4Dplus(カール)と7Dplus(カール)は素材感の違いもあってか汚れが目立ちません。

それと若干の形状の違いから、4Dplus(カール)と7Dplus(カール)の方が持ちやすい感じがしました。

以上の理由からヘアビューロン(カール)を買うなら僕は4Dplusをおすすめします。

ちなみに仕上がりの部分だけで比べるなら2Dplusでも全く問題がないので、汚れとか持ちやすさよりも価格重視なら迷わず2Dplusを購入してください。

一般的なヘアアイロンからの買い替えなら2Dplusでも違いに驚くはずです。

 

 

ヘアビューロン7Dplus(カール)の良いと思ったところ

ヘアビューロン7Dplus(カール)は期待外れだったと言いましたが、良くないとは言ってません。

期待値には満たなかっただけで、良いヘアアイロンなのには違いありません。

ヘアビューロン7Dplus(カール)の良いと思った点を紹介します。

持ちやすくなった

先ほども言いましたが素材感と形状の影響なのか、持ちやすくなりました。

ただこれは4Dplus(カール)も同じだと思います。

 

立ち上がりが格段に早くなった

電源を入れてから温度が上がり切るまでがかなり早いです。

これには驚きました。

体感では20秒ほどで温度が上がり切ったように感じます。

サロンでの仕事で使うのに、これは結構助かりますね。

カナダ
温度が上がりきる速度について後日メーカーに問い合わせしました。

やはりヘアビューロン7Dplus(カール)は過去のモデルに比べて、格段に早くなっているそうです。

立ち上がり時間にこだわる人はヘアビューロン7Dplusの選択理由の一つになりそうですね。

色使いが黒ベースになった

これも先ほども言いましたが、デザインが黒ベースになりました。

それによって高級感出てますし、汚れが目立ちません。

ちなみにヘアビューロン4Dplus(カール)も黒ベースです。

 

ヘアビューロン7Dplus(カール)は海外での使用可

リュミエリーナの製品は7Dplusシリーズから海外使用が可能になりました。

これは今のところ7Dplusのみに搭載された機能ですね。

海外でヘアビューロン(カール)を使うならヘアビューロン7Dplus(カール)の一択になります

 

 

【太さ選び】ヘアビューロン(カール)をこれから購入するなら肩下20センチよりも短い人はSタイプを

ヘアビューロン(カール)はサイズが2種類あります。

Lタイプ(34ミリ)とSタイプ(26,5ミリ)です。

髪の長さによっては、購入の際にどちらの太さを選ぶか迷う人もいるでしょう。

毎日ヘアビューロン(カール)を使ってる僕のアドバイスはこうです。

カナダ
肩下20センチまでSタイプで大丈夫。

言い方を変えると、ロング以外はSタイプで大丈夫です。

すごく判断が難しい長さなら、Sタイプを選びましょう。

”大は小を兼ねる”という言葉があるけど、ヘアビューロン(カール)の場合は違います。

カナダ
”SはLを兼ねる”

太いヘアビューロンでショートを巻くのはできませんが細いヘアビューロン(カール)でロングを巻くことは、実はテクニックがあればできます。

 

 

今後リュミエリーナさんに期待すること

カナダ
僕はヘアビューロン(カール、ストレート)とレプロナイザーが大好きです。

だからこそ今後のリュミエリーナさんに期待したいことを言わせてください。

 

アップルのような販売戦略はもう限界では?

ヘアビューロンにしろ、レプロナイザーにしろ、新商品の出し方が世界的に有名なあの会社に似てませんか?

そう、アップルです。

スペックを数字で表すところなんかは正にアップル製品。

僕もアップル製品を愛用してるのでそう感じてました。

新しいヘアビューロンやレプロナイザーが出るときの期待感と、iPhoneの新製品が出るときの期待感がなんとなく似てるんですよね。

iPhoneについて言えば、価格が上がったから使うのやめようってならないんです。

iPhoneは価格が上がった分、カメラの画像がきれいになってたり今まで無かった新しい機能が搭載されてたりしますよね。

iPhoneの場合、その違いが明らかな機能だったり数字でしっかりと表されてます。

一方、ヘアビューロンやレプロナイザーは、上位モデルになればなるほどバイオプログラミング効果が上がるとされてます。

カナダ
でもこれ、誰も証明できません。

使った感じでどう感じるか?

それしか無いんです。

それでもこれまでは良かったんですよ。

確かにヘアビューロンは普通のヘアアイロンとは仕上がりが明らかに違う。

4万円台くらいまでは、これだけの仕上がりだから少しくらい高くてもね、、、

そんな感覚で思えたけど、ヘアビューロン7Dplusの税込で約7万円という価格だと、よほどの違いがなければ納得する人は少ないでしょうね。

今後は8Dが出るんんでしょうか?

もしくは8、9を飛ばして10D?

カナダ
さすがに限界でしょ!

これ以上は一般的な感覚では買わないでしょう。

 

バイオプログラミング以外での強化を期待します

ヘアビューロンもレプロナイザーも、仕上がりで言ったら既に最高峰まで行ってますよね。

正直、これ以上って想像できません。

そして、僕がリュミエリーナ製品の弱点だと思ってる点が一つあります。

カナダ
ヘアビューロンもレプロナイザーも耐久性がいまいち。

確かに初期の製品に比べたら断線はしなくなりました。

それでも、サロンで使う知名度のあるメーカーのドライヤーやヘアアイロンに比べると、故障が多いのは明らかです。

そこは間違いなく弱点。

例えば今回僕が購入したヘアビューロン7Dplusでも、7万円しても耐久性が格段に上がったとかなら、満足度が全然違うと思います。

今後のリュミエリーナさんに期待したいですね。

 

 

まとめ

  • ヘアビューロン7Dplus(カール)を使ってみての評価  3
  • ヘアビューロン(カール)を購入するなら4Dplusがおすすめ
  • ヘアビューロン7Dplus(カール)は温度が上がる速度が格段に上がった
  • 海外でヘアビューロン(カール)を使うなら7Dplusの一択
  • ヘアビューロン(カール)はこれ以上価格が上がったら買わない
カナダ
ヘアビューロン(カール)の購入の際にこの記事が参考になれば嬉しいです。

 

 

簡単WEB予約

金田へのご質問、メッセージはLINE公式アカウントでお願いします!

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-スタイリングで悩んでる, 商品レビュー
-, , , ,

© 2021 美容師カナダのblog Powered by AFFINGER5