サロンワーク日記

カットの違い

こんにちは、オーラムの金田です。

年末に実家に帰った時、父親がこんなことを言ってました。

「カットって、切る人によって違うもんなの?? どこで切ってもそんなに変わらんだろ?

母親は毎月僕の店に来てカットをします。

もちろんお金はもらいます。

実家からAURUMまで、車で約1時間30分かかります。

父親はカットにこだわる人がわざわざ気に入った美容室に、遠くても行くことが理解できない

ようです。

本人は、もう何年も坊主頭にしてるのでカットの違いがよく分からないんだと思います。

カットって店によっても違うし、同じ店の中でも美容師さんによって全然違いますよね。

道具だけみても、シザー(ハサミ)を使う美容師、レザー(カミソリ)を使う美容師、両方使う美容師といますし、それぞれの道具に種類も沢山あります。

切り方もウェットカットとドライカットがあり、全てウェットで切る人、全てドライで切る

人、両方使う人と様々です。

毛量調整(髪の毛の量が多い場所を軽くすること)に至っては、セニング(すきバサミ)でや

る人、スライドカットでやる人、他にもいろいろ方法があります。

カットの基本だけ見ても、沢山の種類があります。

更に美容師個人の好み、癖なども入ってきますので、選ぶ店やスタイリストによって仕上がり

はかなり違ってきます。

出来上がりの形に大差が無いとしても、毛量調整などの仕方が美容師によって違いますので、

スタイリングのしやすさ(再現性)が変わってきます。

因みに僕は、ウェットカット50%、ドライカット50%位の感じです。

ウェットカットでベースの形を作り、ドライカットで毛量調整&質感調整をします。

セニングシザーは数箇所で使うこともありますが、セニングですいた感じがあまり好きでは無

いので、毛量調整&質感調整はスライドカットを使うことが多いです。

スライドカットで毛量調整すると、カットが長持ちします。

カットで理想としてるのは、動いて乱れた時に違いが出るカットを目指してます。

美容室でのスタイリングは美容師がやるので良い感じになります。

でも、お客様が自宅でスタイリングする時は美容室で仕上げたのと同じようにはできない場合

が多いと思います。

なので、髪がいろんな方向に動くことを想像しながらカットをするように心掛けています。

僕のカットのこだわりはこんな感じです。

共感してもらえる人が居たら是非来て下さいね。

20140220-115901.jpg

20140220-115958.jpg

20140220-120016.jpg

簡単WEB予約

友だち追加

〈金田の自己紹介はこちらから。〉

-サロンワーク日記
-

© 2020 美容師 カナダ Powered by AFFINGER5